LOCATION 周辺環境

横浜の中心部に隣接しながら
緑あふれる木々や静かな邸宅地として
落ち着いた住環境が形成されています

家族のそばに、いつもこの街がある

イメージ図|ザ・パークハウス横浜新子安ガーデン
「横浜」は、気持ちのいい港を眺めながらショッピングや散策が楽しめる美しい都市として、また、開港の地ならではのノスタルジックな歴史や独特の文化に彩られたまちとして多くの人が訪れます。「新子安」は、この多彩な魅力あふれる街から約4km圏に位置しています。

JR京浜東北線の山側に位置する
住の資質に恵まれたロケーション

横浜市に18ある行政区の中でも、市区制が制定された当初からあった神奈川区は、かつての江戸と京都を繋ぐ東海道五十三次の宿場町である神奈川宿から区名が名付けられた歴史ある区です。中でも「新子安」は、横浜の中心部に隣接する利便性を持ち、特に駅の北側は緩やかな高台となっており、古くから人々が暮らしを営み、落ち着いた住環境が形成されています。「ザ・パークハウス横浜新子安ガーデン」も、駅徒歩4分という利便性に優れた立地ながら、周囲に住宅が連なる住居系地域にあるため、落ち着いた雰囲気の環境が整っています。

「横浜」約4km圏

横浜港を挟んで、最先端の都市風景が広がる「みなとみらい」エリアを間近に望む「新子安」。「横浜」約4km圏という距離感は、自転車でも気軽に行ける近さです。また「みなとみらい」には、「MARK IS みなとみらい」などの大型商業施設もあり、最先端のまちを普段使いできる軽快な暮らしの環境が整っています。

第1種住居地域

JR「新子安」駅周辺は、駅前には複合商業施設や高層マンションが建ち並び、駅を一歩離れただけで住宅街が広がっています。「ザ・パークハウス横浜新子安ガーデン」は、快適に歩けるペデストリアンデッキを使い、駅徒歩4分の場所に位置しています。現地周辺は、住宅地としての環境を保護するために用途制限などが設けられた第1種住居地域※に指定されており、落ち着いた街並みが維持されています。
※第1種住居地域とは、都市計画法の地域地区のひとつで、住居の環境を保護するため定める地域。土地の利用において物販店、飲食店、事務所等の建築はその規模により制限され、パチンコ店、カラオケボックス等は規模に関わらず建築することはできないとされています。

JR各駅より半径約500m圏の用途地域の比較

JR「新子安」駅と同じ沿線にある駅周辺の用途地域を比較すると、「横浜」駅周辺は大型デパートなどが立ち並ぶ商業地域であり、「東神奈川」駅も駅前に商業施設が立ち並ぶ商業地域が広がっています。それに対し、「新子安」駅は、駅周辺エリアから住居系地域が広がっているのが特徴です。「ザ・パークハウス横浜新子安ガーデン」は、駅の近くで落ち着いて暮らせる環境が整っています。
※都市計画情報等については、竣工時の情報を基に記載しているため、現状と異なる場合がございます。また、将来、都市計画等が変更となる場合がございます。
※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。